FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱館奉行所

2010年7月に復元が完成した北海道函館市の箱館奉行所。幕末、1864年に五稜郭とともに築城された徳川幕府の奉行所です。
このたびは、この復元された箱館奉行所をレポートします。
写真はいずれも2010年8月に撮影。
奉行
工事中の様子(2009年4月)                      外観(土手の上より)

外観奉行
外観(入口付近より)                            外観(中庭より)

奉行所3
屋根瓦には葵の家紋。                          当時の瓦の色むらを、わざわざ違う色の瓦を製作して表現。

奉行所4
奉行所内部の庭                太鼓楼内部。ここで太鼓を鳴らす。     太鼓楼外観。音が外へ響くつくり。

奉行所5
大広間。奉行所内で最も広い場所。                 復元展示のみならず、解説展示もある。

・木材はニス塗りなしの白木。除湿のため閉館時は入口にシートがかけられます。

義捐金Ⅱ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

五稜郭タワーの建て替え

 北海道函館市にある星形の城郭「五稜郭」にそびえる展望塔、五稜郭タワー。
2006年に建て替えが行われ、60m足らずのタワーから107mのタワーに建て替えられました。
写真は新旧両方のタワーが同時に存在していた数ヶ月の間の光景。
いずれも2006年5月に撮影しました。
五稜郭旧タワー
旧タワーは、航空法による高さ制限から低めに設計されたため、五稜郭全体を眺めることが出来ませんでした。しかしその後航空法が改正されたために「五稜郭全体が見えるタワー」の建築が可能となったのです。
引き上げられた航空法による高さ制限は107.8m。完成した新しいタワーの高さは107.0m。実に80cmのギリギリまで高くされました。
工事期間中も高さ制限+10m以上の標高に進入してはいけないため大型クレーンは使われず、地上で展望台部分を作成しワイヤで上に引き上げる「リフトアップ工法」が用いられました。

当時中学生の私は函館におりました。「リフトアップ工法」については事前に知っていたのですが
朝タワーをみても展望台がなかったのに、夕方タワーを見ると展望台がいつのまにかできているということに感激したのを覚えております。

義捐金Ⅱ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

国立西洋美術館を世界遺産に!

 東京都台東区上野公園にある「国立西洋美術館」。
この美術館を世界遺産に登録しようという動きがあることはあまり知られていません。私もこのたび上野に行って初めて知りました。
写真は2011年2月に撮影。
西洋美術館
登録されれば東京都初の世界遺産。この建物、一体どのような価値で世界遺産登録を目指しているのでしょうか。

現在、国立西洋美術館の世界遺産登録を日本政府が推薦するにあたり、もっとも強調されていることは「ル・コルビュジエの設計した建築」であるということ。
ル・コルビュジエとは、「近代建築の三大巨匠」の一人で、スイス出身、フランスで主に活躍した人物。
実は、この西洋美術館の世界遺産登録へ向けて最初に動き出したのはフランス政府。日本は、フランスの協力要請を受けた翌年(2007)に国の重要指定文化財に登録したほどでした。

2008年にはフランス政府の働きかけにより、フランス、スイス、ベルギー、ドイツ、アルゼンチン、日本にある「ル・コルビュジエ」建築が共同で世界遺産に推薦されます。

2009年の世界遺産委員会の審議で「情報照会」(世界遺産としての価値は認められるが、登録には追加情報を提出し、審議を受ける必要がある)という決議がなされ、まだまだ挑戦中、といったところです。

東京の新名所として再認識される日も近いかもしれません。




旧開智学校

長野県松本市にある旧開智学校。日本で最古の小学校として有名。
明治6年に創建され、日本人が西洋建築を見よう見まねで建てたという「擬洋風建築」の建築物である。
現在、当時の建物は博物館として活用されているが、今でも「松本市立開智小学校」という形で小学校自体は現役である。
左の写真が旧開智学校。右が現在の松本市立開智小学校。写真はいずれも2009年に撮影。

開智2
それにしても現在の小学校、旧開智学校に外見がどことなく似ています。中央部は吹き抜け空間として、三階部分より採光が差し込みます。歴史ある小学校であることを生徒自身が意識できそうで、こちらも素敵な建築です。




東京スカイツリー(2月4日撮影)

東京スカイツリ―野公園から撮影した東京スカイツリ―。現在は539mまで伸びました。先端部の「ゲイン塔」はリフトアップ工法で引き上げているので、
1/3程度、顔を出したところのようです。


前から気になっていることが一つ。
リフトアップ工法でゲイン塔を引き上げている間は、
中心部が空洞になります。

ゲイン塔が上に到達したのちに、
五重塔をまねたという「心柱」を空洞に入れるそうなのですが、
中心部が空洞の間、耐震性能は著しく低くなりそうな
気がしてしまいます。一体どうしているのでしょう?

うーん。





基本情報
philoweb2.jpg
Philosence-フィロセンス-
事理の究極を徹底探究

「全知」となることは、知覚・認識可能な対象においてすら、思索の媒体である「言語」自身が不完全であることから完遂しえないと言えるだろう。
学問で漸近を目指すべき「真理」は、まず、言語自身で構築される知識構造そのものが不完全であることに自覚的、反省的である必要があるのかもしれない。
どのような事象に対しても童心のように懐疑を抱き、理解はしても結論は決定づけない。そんな、窮理学をやってみたい。
もっと俯瞰的な学問形態を目指して、さあ、Philosence。


開設:2011年2月
Profire
CIMG2758 (2)

Rintaro Matsunobu 
りんたろう
Yokohama   Japan23歳
物理学専攻の大学出身
Contact
E-mail
rintaro.yokohama@llive.jp

Talk
Skype・LINE・Viber・WowTalk
ID:rintaro.yokohama
SNS
facebook・Google+・twitter
mixi・Ameba・GREE・Netlog
Cyworld・新浪微博・人人网
see below

Ham Radio
Call Sign:JG1QOW
カテゴリ
最近撮影した写真
リンク
sns2.png

philosence HP philosence blog

facebook.png  google+.png

Twitter.png  mixi.png

linkedin.png  myspace.png

photolibrary.png  110903_112329.png

4Travel.png  フォト蔵

4Travel.png  フォト蔵

fotopus.png  120317_142444.png 

Ameba.png  GREE.png

shack.png  110829_i.png


other.png

110730_115736.png  JA8YCI.png

mirai.png 


ran.png

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

  【トレミー】人気ブログランキング


     link.png

readme.png
シリーズ記事
空港探訪ロゴs
RJCH/HKD 函館空港
RJFG/TNE 種子島空港-準備中-
RJFK/KOJ 鹿児島空港-準備中-
ホンダエアポート


城郭探訪ロゴs
北海道五稜郭(準備中)
北海道松前城(準備中)
神奈川県小田原城(準備中)
長野県松本城
鹿児島県赤尾木城(準備中)
これまでの訪問者数
広告
Twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。