FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御衣黄(ぎょいこう)

 花弁が黄緑色の桜、「御衣黄(ぎょいこう)」。江戸時代に、京都の仁和寺で栽培されたのがはじまりと言われる珍しい品種です。
左写真は2010年5月に北海道松前町、松前城址公園にて撮影。
右写真は2010年4月に神奈川県横浜市、本覺寺にて撮影。
御衣黄
何故、花弁が黄緑色をしているのかというと、花弁にも葉緑体が入り込んでいるため。
因みにこの桜を見られるのは全国186個所のみ。横浜市の、この「本覺寺」というお寺は幕末にアメリカ領事館の置かれたお寺です。
このお寺の門には日本で初めてペンキ塗装が施されたり、生麦事件のときにはイギリス人二人がここへ逃げ込み、ヘボン式ローマ字で有名な「ヘボン博士」によって怪我の手当てを受けています。
 
この御衣桜がいつから植えられているかわかりませんが、ひょっとするとタウンゼント・ハリスも見た桜かもしれません。


義捐金

北海道坂本龍馬記念館

北海道函館市に2009年にオープンした「北海道坂本龍馬記念館」。
坂本龍馬は北海道を訪れたことは一度もありません。「坂本龍馬と北海道に一体何の関係が?」と思う方も多いかもしれません。写真は2011年1月に撮影した記念館(左)と記念館敷地近くの坂本龍馬像(右)

龍馬

確かに坂本龍馬は北海道に行こうとしていました。1864年6月に北海道へ行くべく幕府の船である「黒龍丸に乗船。
ところがその航海途中で京において池田屋事件が勃発。海軍操練所の仲間を引き連れていた龍馬は、池田屋事件で斬られた者のうち操練所に属していた望月亀弥太などがいたことから、師である勝海舟に迷惑がかかると考え断念したといわれています。

また、坂本龍馬の甥、坂本直は新政府の管轄の元に箱館府へ勤務。龍馬の縁戚にあたる澤辺琢磨は、箱館で同志社大学の創設者、新島襄の海外密航を手助けし、坂本直の弟である坂本直寛は北海道北見市の開拓に従事。他にも後の坂本家は北海道で活躍した人物が多く、坂本家自体も土佐から北海道へ移り住んでいるのだとか。

さて、この龍馬像。記念館開館から1年後の昨年11月に完成。全国各地にある龍馬像でも「雪をかぶった龍馬像」はなかなか見れないかもしれません。とはいってもどうやら毎朝きちんと像から雪を取り払う作業が行われているらしく、朝早くに行かないとこの姿は拝めないようです。



寺院の鳥居

 函館市元町にある日蓮宗の寺院、妙福寺。写真は先月末(2011年1月)に撮影。
お寺なのに入口には鳥居が立っていて、額束には「眞和山 妙福寺」の文字が。寺に鳥居
ただ、神仏習合の文化は大変盛んで、明治新政府による神仏分離令が発布されるまでは、「お寺に鳥居」という光景は決して珍しいものではありませんでした。

ではなぜ、神仏分離令以後の現代でもこうした光景が残っているのでしょう。
現在、鳥居が立っている寺院の数は少ないものの、全国に点在しています。鳥居が立っている理由は各寺院によって異なっています。廃仏毀釈運動から逃れた寺院、明治政府から特別に許可を得ていた寺院など様々です。

こちらのお寺はどの様な理由でしょうか。調査してみました。
妙福寺の本山は岡山県の最上稲荷山妙教寺。そう、本山もお寺なのに「稲荷」という名前が入っているのです。
この本山である妙教寺は孝謙天皇、桓武天皇の病を治癒したという歴史から、神仏習合の象徴のようなお寺で、
明治新政府から「神仏習合の祭祀形態」を特別に許可されていたほどでした。

函館のこのお寺は、創建なさった住職の方がそうした本山の形態を受け継いで鳥居が建てられたそうです。
様々な宗派の教会、神社、寺院が林立する元町地区に相応しい見事な光景です。







せたな町 玉川公園

北海道檜山郡せたな町は日本海に面した人口一万人の町(左地図)。
日本初の洋上風車があるほか、日本女医第一号である荻野吟子が晩年を過ごした地でもある。

そんな、せたな町きっての観光地、玉川公園。30万株の水仙が植えられている。
会津藩士で従兄弟が白虎隊士、自身は西南戦争にも参加したという丹波五郎なる人物が、
理想郷として造営したのが始まりである。

そこで見つけた「日露戦役忠魂碑」(右写真)。この碑の正面に「希典書」とある。希典とは乃木希典のこと。
せたな

気になったので調べてみても、何故せたな町に日露戦争の碑があるかは不明。
そこで、せたな町観光協会に電話。ところが観光協会でも認知していないらしく、「町内会で玉川公園に詳しい方がいるのでそちらに電話してください。」とのこと。で、その「詳しい方」はいつ電話してもご不在…。

丹波五郎は乃木希典と三つしか歳が違わない上、神田和泉橋警察署長のポストにもついたことがある。
このことを考えれば、交流があっても不思議ではない。乃木希典がせたな町まで来たのかどうかも気になります。

目下調査中ですので、判明次第、更新します。




上野東照宮

台東区の上野公園にある上野東照宮は、藤堂高虎と天海僧正が家康の遺言を受けて造営したもの。
1627年に建立された。
社殿は重要文化財にも指定されていて、大変重厚なもでした、と言いたいところでしたが、
よくよく見ると、あれ?、工事中?(写真右)
上野東照宮
長野市の善光寺や鎌倉市の鶴岡八幡宮でも工事中こうした「トリック」はありましたが、
10mまで近づかないと気づかなかったのは初めてです…。





基本情報
philoweb2.jpg
Philosence-フィロセンス-
事理の究極を徹底探究

「全知」となることは、知覚・認識可能な対象においてすら、思索の媒体である「言語」自身が不完全であることから完遂しえないと言えるだろう。
学問で漸近を目指すべき「真理」は、まず、言語自身で構築される知識構造そのものが不完全であることに自覚的、反省的である必要があるのかもしれない。
どのような事象に対しても童心のように懐疑を抱き、理解はしても結論は決定づけない。そんな、窮理学をやってみたい。
もっと俯瞰的な学問形態を目指して、さあ、Philosence。


開設:2011年2月
Profire
CIMG2758 (2)

Rintaro Matsunobu 
りんたろう
Yokohama   Japan23歳
物理学専攻の大学出身
Contact
E-mail
rintaro.yokohama@llive.jp

Talk
Skype・LINE・Viber・WowTalk
ID:rintaro.yokohama
SNS
facebook・Google+・twitter
mixi・Ameba・GREE・Netlog
Cyworld・新浪微博・人人网
see below

Ham Radio
Call Sign:JG1QOW
カテゴリ
最近撮影した写真
リンク
sns2.png

philosence HP philosence blog

facebook.png  google+.png

Twitter.png  mixi.png

linkedin.png  myspace.png

photolibrary.png  110903_112329.png

4Travel.png  フォト蔵

4Travel.png  フォト蔵

fotopus.png  120317_142444.png 

Ameba.png  GREE.png

shack.png  110829_i.png


other.png

110730_115736.png  JA8YCI.png

mirai.png 


ran.png

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

  【トレミー】人気ブログランキング


     link.png

readme.png
シリーズ記事
空港探訪ロゴs
RJCH/HKD 函館空港
RJFG/TNE 種子島空港-準備中-
RJFK/KOJ 鹿児島空港-準備中-
ホンダエアポート


城郭探訪ロゴs
北海道五稜郭(準備中)
北海道松前城(準備中)
神奈川県小田原城(準備中)
長野県松本城
鹿児島県赤尾木城(準備中)
これまでの訪問者数
広告
Twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。