スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影写真2012




本年(2012年)7月から一眼レフカメラCanon EOS 7Dを使って撮影するようになり、種子島での見聞をもとに執筆したH-2Bロケットの記事以来、このブログではEOS 7D で撮影した写真を多数使ってきました。 カメラの購入から約半年になりましたが撮影枚数は20000枚を超えました^^
12月は多忙につき、あまり記事を書いてる時間がなかったので、これまでブログで紹介できなかったものも含め、2012年の自身の撮影写真を振り返ります!


撮影写真2012-報道編ー


5月18日 天皇陛下の訪英で政府専用機が不在
野田首相、民間旅客機で訪米



▲5月18日、羽田空港V1スポットに駐機する全日本空輸株式会社(ANA)のBoeing777-300型機。野田前首相はアメリカ、ワシントンで開催されるG8サミット(主要8各国首脳会議)に出席するため、羽田空港よりこの全日空機を使ってアメリカへ発った。写真は野田前首相が搭乗する航空機の前へ車で到着したところ。
 天皇皇后両陛下がエリザベス女王即位60年の式典に出席されるために政府専用機を使用され、日本に不在だったための異例の措置。過去に日本航空(JAL)が政府要人の輸送に使用されたことは数多くあるが、ANAがこうした用首脳チャーターに使用されるケースは珍しいといえる。機体は普段、成田空港からの国際線に使用されている機材で、このために2機羽田にフェリーされた。




5月19日 武蔵小金井駅工事で臨時ダイヤ
中央線、一日だけの「快速 東小金井行き」


P5193575.jpg
▲5月19日、JR東京駅に停車する中央線E233系0番電車。この日の14時15分から翌20日7時頃まで、武蔵小金井駅新上り線切り替え工事の影響で三鷹~立川間の営業運転がすべて運休となった。このため当該期間において臨時ダイヤが編成され、普段運行されることはない「快速 東小金井行き」の列車が運行され、鉄道ファンの注目を集めた。




5月21日 次のチャンスは18年後!?
日本で25年ぶりの金環日食



▲5月21日、横浜の自宅から撮影した金環日食の様子。終始厚い雲に覆われ観測は非常に厳しい状態だった。食の初めから食が終わるまで、横浜において全体が見えたのは3分足らず。横浜でも場所によっては食の最大時は全く見えなかったという。
 次の金環日食は2030年6月1日、北海道で観測可能とされている。




5月22日 世界最高の高さを誇る電波塔がついに開業
東京スカイツリー開業


P5274814.jpg
▲東京スカイツリーが開業後の最初の日曜日である5月27日の第二展望台「天望回廊」の様子。チケットが抽選制だったため開業直後でもあまり込み合うことはなかった。運よく開業間もないスカイツリーに上ることができ、この日は14時頃~19時過ぎまで展望台にいた(笑)。
※詳しくは6月2日の記事、祝開業! 東京スカイツリータウン ~東京スカイツリー編~で紹介しています。


6月の記事で紹介しきれなかった写真。
lt
スカイツリーの夜間ライトアップ、通常は写真いちばん左の「雅」と左から2番目「粋」の二種類ですが、クリスマスやオリンピック招致キャンペーンなど「スペシャルライティング」が今年一年だけでも数多く点灯されました。そのすべてを撮影することはできませんでしたが、通算5回にわたってスペシャルライティングを撮りに行き、12月までに7種類のライティングを撮影しました。
左から通常ライトアップ「雅」、通常ライトアップ「粋」、冬限定のライトアップ「冬雅」、冬限定のライトアップ「冬粋」、クリスマス限定のライトアップ「ホワイトツリー」、クリスマス限定のライトアップ「シャンパンツリー」、クリスマス限定のライトアップ「キャンドルツリー」。
 



7月27日 日本人宇宙飛行士が初めてキャプチャー 
こうのとり3号機打ち上げ成功


IMG_0307s.jpg
▲7月27日、種子島宇宙センター竹崎展望台において撮影した宇宙スステーション補給機「こうのとり3号機」を搭載したH-2Bロケット3号機の打ち上げ。2012年は縁あって3月と7月、種子島宇宙センターに2回訪れることができた。2013年度内にH-2Bロケット4号機の打ち上げが計画されており、来年以降の「こうのとり」の運用も非常に興味深い。
※この時の詳しい様子はH-2Bロケット3号機 打ち上げ編H-2Bロケット3号機 機体移動編で紹介しています。





10月1日 67年ぶりに創建当時の姿へ 
東京駅丸の内駅舎保存復原工事完成


IMG_0769.jpg
▲10月1日、鹿島建設を主体に予てより工事がおこなわれていた東京駅丸の内駅舎が完成し、足場やシートが撤去された。写真はその翌日10月2日の夜間ライトアップを撮影したもの。完成直後は多くの人が訪れ、駅前の広いスペースをもっても撮影に苦慮するほど人であふれていた。

まだこのブログ開設間もない2011年4月に「復原」の意味について取り上げています。東京駅丸の内駅舎復元工事





10月21日 戦前より構想される総事業費1100億円の巨大工事 
京急蒲田駅高架化完成


1902年に京浜電気鐡道穴守線が開業して以来、100年以上にわたって国道15号線と平面交差し続けてきた京急蒲田駅前の踏切が、先日2012年10月21日をもって解消された。写真はその翌日、10月22日に撮影した京急蒲田駅。まだ架線をのぞいてレールなどの軌道設備は踏切に残っていた。

この時の記事は京急蒲田駅立体交差事業完成に記述しています。


12月16日
 3年ぶりの自民党政権へ 
衆議院議員選挙2012

さwIMG_8630
通学、帰宅時に必ず横浜駅西口を通るため、同駅で2012年の総選挙期間中、民主党野田総裁、共産党志位書記局長、みんなの党渡辺代表を見かけ、秋葉原駅電気街口を通ったときは自民党の遊説に出くわし、このうち野田・安倍総裁の時はEOS7Dを持参していたため、運よくとることができた^^


それでは、よいお年をお迎えください!
来年もPhiosenceをよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
基本情報
philoweb2.jpg
Philosence-フィロセンス-
事理の究極を徹底探究

「全知」となることは、知覚・認識可能な対象においてすら、思索の媒体である「言語」自身が不完全であることから完遂しえないと言えるだろう。
学問で漸近を目指すべき「真理」は、まず、言語自身で構築される知識構造そのものが不完全であることに自覚的、反省的である必要があるのかもしれない。
どのような事象に対しても童心のように懐疑を抱き、理解はしても結論は決定づけない。そんな、窮理学をやってみたい。
もっと俯瞰的な学問形態を目指して、さあ、Philosence。


開設:2011年2月
Profire
CIMG2758 (2)

Rintaro Matsunobu 
りんたろう
Yokohama   Japan23歳
物理学専攻の大学出身
Contact
E-mail
rintaro.yokohama@llive.jp

Talk
Skype・LINE・Viber・WowTalk
ID:rintaro.yokohama
SNS
facebook・Google+・twitter
mixi・Ameba・GREE・Netlog
Cyworld・新浪微博・人人网
see below

Ham Radio
Call Sign:JG1QOW
カテゴリ
最近撮影した写真
リンク
sns2.png

philosence HP philosence blog

facebook.png  google+.png

Twitter.png  mixi.png

linkedin.png  myspace.png

photolibrary.png  110903_112329.png

4Travel.png  フォト蔵

4Travel.png  フォト蔵

fotopus.png  120317_142444.png 

Ameba.png  GREE.png

shack.png  110829_i.png


other.png

110730_115736.png  JA8YCI.png

mirai.png 


ran.png

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

  【トレミー】人気ブログランキング


     link.png

readme.png
シリーズ記事
空港探訪ロゴs
RJCH/HKD 函館空港
RJFG/TNE 種子島空港-準備中-
RJFK/KOJ 鹿児島空港-準備中-
ホンダエアポート


城郭探訪ロゴs
北海道五稜郭(準備中)
北海道松前城(準備中)
神奈川県小田原城(準備中)
長野県松本城
鹿児島県赤尾木城(準備中)
これまでの訪問者数
広告
Twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。