スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松前武田氏

戦国武将の武田信玄でおなじみ武田氏。その先祖は源頼義までさかのぼることができるとされています。
源家の子孫は他にも有名なもので足利尊氏、細川勝元など。著名な武家で源家が先祖という家は多くあるのです。

さて武田氏ですが、信玄の甲斐(山梨県)の他に安芸(広島県)、若狭(福井県)、松前(北海道)にも家がありました。これらはみな血縁で、分家も含めると上総、常陸、因幡など全国各地に点在しています。
しかし戦国の動乱、
・甲斐武田は本家が織田に滅ぼされたのちも徳川家に血縁者がいたものの、最後の血縁者、徳川家康の五男、松平忠吉(武田信吉)が 21歳に病で死去し、子に恵まれることもなく断絶。
・若狭武田は、山崎の戦いの後に当主武田元明が丹羽長秀に謀殺され滅亡。
・安芸武田は毛利氏に敗れた後も安国寺恵瓊が血縁者として活躍したものの、関ヶ原に敗れ斬首となり滅亡。

そんな中、明治になっても残っていた武田氏のひとつが松前武田氏。
写真は北海道松前町に今も残る、武田の家紋「武田菱」。写真は2009年、2010年に撮影しました。

松前
        松前城の瓦に彫り込まれた「武田菱」                  auショップ松前店の壁面にも。

武田菱
                          郵便局の塀、街灯までも菱形をしています。

北海道へ移り住んだ武田氏は「蠣崎氏」、「松前氏」と名前を変え、廃藩置県までの間、松前藩主として子孫が受け継がれました。
松前の町は日本最北の城下町として今も根深く武田氏の息吹を感じることが出来ます。

義捐金Ⅱ 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
基本情報
philoweb2.jpg
Philosence-フィロセンス-
事理の究極を徹底探究

「全知」となることは、知覚・認識可能な対象においてすら、思索の媒体である「言語」自身が不完全であることから完遂しえないと言えるだろう。
学問で漸近を目指すべき「真理」は、まず、言語自身で構築される知識構造そのものが不完全であることに自覚的、反省的である必要があるのかもしれない。
どのような事象に対しても童心のように懐疑を抱き、理解はしても結論は決定づけない。そんな、窮理学をやってみたい。
もっと俯瞰的な学問形態を目指して、さあ、Philosence。


開設:2011年2月
Profire
CIMG2758 (2)

Rintaro Matsunobu 
りんたろう
Yokohama   Japan23歳
物理学専攻の大学出身
Contact
E-mail
rintaro.yokohama@llive.jp

Talk
Skype・LINE・Viber・WowTalk
ID:rintaro.yokohama
SNS
facebook・Google+・twitter
mixi・Ameba・GREE・Netlog
Cyworld・新浪微博・人人网
see below

Ham Radio
Call Sign:JG1QOW
カテゴリ
最近撮影した写真
リンク
sns2.png

philosence HP philosence blog

facebook.png  google+.png

Twitter.png  mixi.png

linkedin.png  myspace.png

photolibrary.png  110903_112329.png

4Travel.png  フォト蔵

4Travel.png  フォト蔵

fotopus.png  120317_142444.png 

Ameba.png  GREE.png

shack.png  110829_i.png


other.png

110730_115736.png  JA8YCI.png

mirai.png 


ran.png

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

  【トレミー】人気ブログランキング


     link.png

readme.png
シリーズ記事
空港探訪ロゴs
RJCH/HKD 函館空港
RJFG/TNE 種子島空港-準備中-
RJFK/KOJ 鹿児島空港-準備中-
ホンダエアポート


城郭探訪ロゴs
北海道五稜郭(準備中)
北海道松前城(準備中)
神奈川県小田原城(準備中)
長野県松本城
鹿児島県赤尾木城(準備中)
これまでの訪問者数
広告
Twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。