スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北条氏


houjo.png







▲三つ鱗

小学校の
日本史で「北条氏」という言葉を耳にすることが2回あると思います。

・鎌倉幕府の執権政治を治めた「北条氏」。(1200年代)
・豊臣秀吉の小田原攻めによって攻略された「北条氏」。(1500年代)

よく、後者の北条氏を「後北条(ごほうじょう)」といって識別し、「鎌倉幕府の北条とは関係ないよ!」と教わることも多いかと思います。

ところが、執権北条氏は現在の神奈川県鎌倉市、後北条は神奈川県小田原市、同じ相模の国で家紋に至るまで「三つ鱗」という同じ家紋を使用しています。

これほど似通っていて強いて別の家であることが逆に不自然であるとともに、その背景まで学校の歴史で習うことは稀です。

最近、北条ゆかりの場所に赴くことが多かったので今回は「北条氏」について記述します^^




鎌倉北条氏と後北条

先に結論をいってしまうとこういうことです^^;

北条系図

平貞盛は西暦900年代、伊勢盛時は西暦1400年代の人物なので、かなり詰めて記した系図になりましたが、北条・後北条の血縁関係はこの様な感じです^^;

ただし、北条・後北条ともに平氏との結びつきは近年徐々に明確になってってきたところで、まだまだわかっていない部分は多々あります。

「もとをただせば血筋は同じ、ただし後北条は鎌倉北条家に続く家系でない」というのが血縁的視点から見た実態です。

後北条の「北条」を名乗る前の姓は「伊勢」氏。平氏の血統である上に室町幕府に従事していたことから相当の名門であったものの、関東攻略の際、「北条」のネームバリューの傘を借りるのが都合がよかったため、強いて「北条」に改称した、というのが定説だそうです。


ただ問題は、そこまで「北条」に執着したのにも関わらず、なぜ鎌倉北条家にならなかったのか、または後世において鎌倉北条家として扱われなかったのか、と言うことです。
P4012375s
▲小田原城 2012年4月1日撮影

伊勢氏が「北条」に改称したのは伊勢盛時の息子、北条氏綱の代から。伊勢盛時は「北条早雲」の名で有名ですが、存命中に、この名前で呼ばれたことはなかったといわれています。
氏綱が北条を名乗り始めたのが1523年とされており、この年は居城を静岡県の韮山城から神奈川県の小田原城に移した年。
伊勢盛時が死去し氏綱が家督を継いだのはその5年前の1518年。
つまり、いつから「北条改称計画」があったのかは分かりませんが、仮に氏綱発案の戦略だとすると、あまり余裕をもって行われた施策ではないことが分かります。

鎌倉北条氏の子孫はこの当時、南北朝時代の挙兵に対する懲戒で衰退しきっており、「横井氏」を名乗り尾張にいたとされていますが後北条と姻戚関係を構築し北条再興を謳ったなどの記録はなく、後北条側も鎌倉北条家の存在性すら意識せずに勝手に改称したのではないか、という後世の史家の共通認識から「後北条」と呼ばれるようになったものと思われます。

飽く迄自身の見解ですが、氏綱のやり方次第では鎌倉北条家を後世まで名乗れたのではないのかな、もしかすると姻戚戦略もあったけどまだ記録が見つかっていないだけかもしれない...という微妙な期待も^^;


P4012416
▲神奈川県鎌倉市 円覚寺舎利殿   2012年4月1日撮影

後北条と鎌倉北条の関係で忘れてはならないのがこちらの建物。
小学校の歴史でも習う円覚寺舎利殿です。

円覚寺は鎌倉北条家で8代執権を務めた北条時宗が、元寇の犠牲者を弔うものとして創建を命じ建立。
舎利殿は1563年に火災で焼失。
1573年に後北条で、北条氏綱の息子にあたる北条氏康が、太平寺の仏殿を移築させたものが現在の建物です。

このほか鶴岡八幡宮に至っても、里見氏の焼き討ちによって焼失した部分を北条氏綱が再建するなど、後北条の鎌倉での貢献ぶりがうかがえます。

P4012476
▲神奈川県鎌倉市 鶴岡八幡宮  2012年4月1日撮影



もうひとつの北条家、種子島家

さて、上に記した鎌倉北条家と小田原北条家の図に少し情報を加えてみますw
種子島

平清盛の孫、平信基は北条時政の養子となり北条信時と名を改めます。

何故なのかは調べがつきませんでしたが、信時は鹿児島県の種子島に身を移し、以降代々北条信時家は種子島を領地とします。信時から数えて6代目の時充のときに姓を「種子島」に改め「種子島家」が生まれました。

鉄砲伝来にまつわるエピソードで有名な種子島時尭は同種子島家13代当主です。

種子島家の家紋は北条と同じ「三つ鱗」。平清盛の子孫であることから「平氏直系の名門」というふれこみも聞きます^^

ただし、実際は北条家系の家の家臣が種子島を治めたのが始まりで、信基が種子島を治めたというのは後に付け加えられた系譜だとする説もあり、真相は未だ曖昧です。





P3292278
▲鹿児島県西之表市 赤尾木城跡 2012年3月29日撮影
 種子島北部の西之表市内にある城跡。種子島家17代当主忠時が1624年にこの場所に移築し、明治2年の版籍奉還まで種子島家の居城であった。
P3292291
▲鹿児島県西之表市 赤尾木城文化伝承館月窓亭 
 2012年3月29日撮影
 種子島家の家老にして「種子島家年中行事」の編纂に従事した羽生道潔の屋敷。創建は1795年。明治19年から平成12年まで、この月窓亭は種子島家の屋敷として用いられた。


















スポンサーサイト

総力特集! 国宝松本城

長野県中央部に位置する松本市。
松本市を代表する観光地、別名「烏城(うじょう)」の名をもつ漆黒の城郭、松本城。
姫路城、犬山城、熊本城、彦根城とともに国宝に指定されている城です。
このたびはその松本城の総力特集です!

※松本城の写真は全て2009年10月に本人が撮影。演台の写真のみ外部サイトより転載。


ww.png 
110802_225936.png
  ▲ライトアップされた松本城。                     ▲大天守入口付近より見上げる。

110802_225946.png
  ▲光のあたり方によって、瓦屋根との相対で青色に映える。

110803_011547.png
   ▲松本城は外から見ると5階層に見えますが、実際は6階層構造。外から見て3階部にあたる部分が二層構造になっています。城の内部に敵兵が侵略した場合、敵兵に対処するために兵士を隠しておく「武者隠し」として作られたのではないかといわれています。



松本城の特徴として何といっても欠かせないのが「家紋」。侵略という形態でなく城主が何度も変わっているため、使用されている瓦の家紋は様々に点在しています。写真で調べられる範囲で調べてみました。
110803_0041512.png



ここで1代・2代城主の石川家の家紋に注目してみます。下写真は本丸正門に装飾された石川家の家紋。
この家紋、どこかでよく見る家紋です…
110802_231913.png


そう、日本政府の紋章としてよく用いられるこの家紋(五七の桐)、元はと言えば天皇家の家紋です。ではなぜ松本城にあるのでしょうか。
110802_235642.png

初代城主、石川数正は豊臣秀吉の家臣。秀吉は関白の座に着いたことから後陽成天皇にこの紋を与えられていました。秀吉は自身の重臣にも積極的にこの紋を与えたために松本城にもこうした形で残っているのだとされています。

ちなみに秀吉は自身の築造した城にも積極的にこの「五七の桐」を用いたため、姫路城にもこの紋は残っています。


余談ですが、日本政府の紋章として「五七の桐」は古くから使われています。ですが、上右写真のように政府の演台にこの紋が埋め込まれたのは、実は2003年から。小泉元首相の提案だと言われています。



110803_000527.png
  ▲上から石を落とすのみでなく、矢を射ったり熱湯をながしたりして敵の侵入を防ぐ「石落」。松本城の石落は城の角に配置されていることで、城全体を視覚的に大きく見せる効果があるといいます。右写真は内部から見た石落。


110819_222035.png
 ▲松本城の階段は最大傾斜角60°以上。               ▲天守最上階からの眺め

110819_222049.png
 ▲3代将軍徳川家光が訪問する予定にに合わせて増築された月見楼。城の本丸にこうした観賞施設が作られるのは極めて珍しい。しかし結局、家光は訪問しませんでした。右写真のように、手すりの全体に漆が塗布されています。今でもメンテナンスが大変なのだそうです。


32.png 
110802_231856.png 
 太鼓門横に配置されている巨石「玄蕃石」
 この岩の重量は約26トンあるとされ、玄蕃頭を務めていた石川康長が、運搬に際し不平を言った労働者のその場で斬ってしまったという逸話からこの名前がつけられています。






箱館五稜郭祭

北海道函館市で毎年5月中旬に開催される一大イベント、「箱館五稜郭祭」。
幕末、箱館で繰り広げられた戊辰戦争の最後の戦い、「箱館戦争」にちなんで昭和45年から開催されています。
第42回となる今年の五稜郭祭は今週末の5月21日(土)、5月22日(日)に開催です。

写真は昨年の第41回箱館五稜郭祭で撮影したもの。
※スライドショー下は写真の解説です。
※スライドショーの上にカーソルを合わせ、NEXTをクリックすると次の写真に移動できます。




スライドショー写真解説

※解説写真をクリックすると、スライドショーより大きな画像が見られます。

110516_012554.jpg  陸上自衛隊北部方面音楽隊も参加。







110516_011129.jpg   維新行列パレードでは、函館市長も幕末の姿に仮装。
     開陽丸にのってやってきます。






110516_011119.jpg   箱館戦争の戦闘演技。出演者は役者さながらの演技で、迫力に圧倒されます。







110516_012717.jpg   五稜郭の堀にかかる橋にて撮影。
  こうして見ると幕末にタイムスリップしたかの様です。






110516_012726.jpg   昨年の箱館五稜郭祭は4年ぶりに桜の開花時期と一致したそうです。







110516_012634.jpg   本物の桜の中で陸上自衛隊北部方面音楽隊が森山直太朗の「さくら」を演奏。







110516_012647.jpg   箱館戦争の始終を一通り再現するこのお祭り、最後は史実どおり榎本武揚が黒田清隆に「万国海律全書」を
  プレゼントして終わります。ただ、実際は手渡ししたわけではありませんが、きちんと「史実では手渡ししておらず、
  ここでは分かりやすくするため榎本武揚が黒田清隆に手渡ししています」という司会者の解説が入るのも
  このお祭りの良いところ。




110516_012628.jpg   榎本武揚と黒田清隆の握手。箱館戦争の終結です。
  因みに、この後榎本と黒田は大変に親睦を深めます。黒田清隆は、新政府によって監獄に入れられた
  榎本武揚の助命嘆願のために坊主頭にしたとも言われています。また、榎本の長男と黒田の長女が結婚
  している上、黒田が亡くなったとき、榎本はその葬儀で葬儀委員長を務めました。




110516_011135.jpg   榎本軍降伏の祝砲。
  この大砲はもちろん空砲ですが、非常に音が大きく6km離れた場所でも聞こえます。
  お祭りもこの大砲で閉幕。





110516_011141.jpg   見る観光客も多ければ出演する市民も多いのが函館のお祭りの特徴です。







にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村


Kia Kaha!いっしょにがんばろうJAPAN & NEW ZEALAND

高山不動尊

埼玉県飯能市の高山に立つ不動尊、「高山不動尊」。
大学の部活でこちらまで足を運びました。写真は4月29日に撮影。110505_225337.jpg
こちらの不動尊の歴史は約1300年前までさかのぼります。
中臣鎌足と中大兄皇子が蘇我入鹿を倒したことで有名な「乙巳の変」(大化の改新)。
これにより関東へ落ち延びた蘇我氏の末統が中央政権に反旗を翻すべく画策をしていたとして、視察が関東へ派遣されます。
視察に向かった鎌足の第二子である長覚坊上人が、高山に登った際にその眺望に感激して不動尊建立を鎌足に願い出たのが始まりとされているのです。(現在の不動堂は幕末に再建されたもの。)


下左写真は鎌足の息子、長覚坊上人も登ったとされる高山の山頂「関八州見晴台」。
天気の良い日には新宿のビル群や富士山も見渡せます。
110505_225540.jpg
                                             ▲高山からの眺望

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

Kia Kaha!いっしょにがんばろうJAPAN & NEW ZEALAND

松前武田氏

戦国武将の武田信玄でおなじみ武田氏。その先祖は源頼義までさかのぼることができるとされています。
源家の子孫は他にも有名なもので足利尊氏、細川勝元など。著名な武家で源家が先祖という家は多くあるのです。

さて武田氏ですが、信玄の甲斐(山梨県)の他に安芸(広島県)、若狭(福井県)、松前(北海道)にも家がありました。これらはみな血縁で、分家も含めると上総、常陸、因幡など全国各地に点在しています。
しかし戦国の動乱、
・甲斐武田は本家が織田に滅ぼされたのちも徳川家に血縁者がいたものの、最後の血縁者、徳川家康の五男、松平忠吉(武田信吉)が 21歳に病で死去し、子に恵まれることもなく断絶。
・若狭武田は、山崎の戦いの後に当主武田元明が丹羽長秀に謀殺され滅亡。
・安芸武田は毛利氏に敗れた後も安国寺恵瓊が血縁者として活躍したものの、関ヶ原に敗れ斬首となり滅亡。

そんな中、明治になっても残っていた武田氏のひとつが松前武田氏。
写真は北海道松前町に今も残る、武田の家紋「武田菱」。写真は2009年、2010年に撮影しました。

松前
        松前城の瓦に彫り込まれた「武田菱」                  auショップ松前店の壁面にも。

武田菱
                          郵便局の塀、街灯までも菱形をしています。

北海道へ移り住んだ武田氏は「蠣崎氏」、「松前氏」と名前を変え、廃藩置県までの間、松前藩主として子孫が受け継がれました。
松前の町は日本最北の城下町として今も根深く武田氏の息吹を感じることが出来ます。

義捐金Ⅱ 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村
基本情報
philoweb2.jpg
Philosence-フィロセンス-
事理の究極を徹底探究

「全知」となることは、知覚・認識可能な対象においてすら、思索の媒体である「言語」自身が不完全であることから完遂しえないと言えるだろう。
学問で漸近を目指すべき「真理」は、まず、言語自身で構築される知識構造そのものが不完全であることに自覚的、反省的である必要があるのかもしれない。
どのような事象に対しても童心のように懐疑を抱き、理解はしても結論は決定づけない。そんな、窮理学をやってみたい。
もっと俯瞰的な学問形態を目指して、さあ、Philosence。


開設:2011年2月
Profire
CIMG2758 (2)

Rintaro Matsunobu 
りんたろう
Yokohama   Japan23歳
物理学専攻の大学出身
Contact
E-mail
rintaro.yokohama@llive.jp

Talk
Skype・LINE・Viber・WowTalk
ID:rintaro.yokohama
SNS
facebook・Google+・twitter
mixi・Ameba・GREE・Netlog
Cyworld・新浪微博・人人网
see below

Ham Radio
Call Sign:JG1QOW
カテゴリ
最近撮影した写真
リンク
sns2.png

philosence HP philosence blog

facebook.png  google+.png

Twitter.png  mixi.png

linkedin.png  myspace.png

photolibrary.png  110903_112329.png

4Travel.png  フォト蔵

4Travel.png  フォト蔵

fotopus.png  120317_142444.png 

Ameba.png  GREE.png

shack.png  110829_i.png


other.png

110730_115736.png  JA8YCI.png

mirai.png 


ran.png

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

  【トレミー】人気ブログランキング


     link.png

readme.png
シリーズ記事
空港探訪ロゴs
RJCH/HKD 函館空港
RJFG/TNE 種子島空港-準備中-
RJFK/KOJ 鹿児島空港-準備中-
ホンダエアポート


城郭探訪ロゴs
北海道五稜郭(準備中)
北海道松前城(準備中)
神奈川県小田原城(準備中)
長野県松本城
鹿児島県赤尾木城(準備中)
これまでの訪問者数
広告
Twitter
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。